新しいSonicWall TZシリーズは、マルウェアやランサムウェアによる攻撃を阻止するマルチギガビット級のパフォーマンスを提供する初めてのデスクトップファイアウォールです。TLS 1.3トラフィックに潜む攻撃にも対応

カリフォルニア州ミルピタス — 2020年8月11日 — 昨今のネットワーク保護に不可欠な要素となるファイアウォール技術は、企業や組織が分散ネットワークを保護する必要が生じ、リモートおよびモバイル環境下にある従業員や職員が急速に増加するなかで、ますます頼りにされています。

SonicWallは、このたび、サイバーセキュリティ管理をより簡便にアクセスしやすくすることを目的として、SDブランチ機能を備えた新たなゼロタッチ対応マルチギガビットのSonicWall TZファイアウォール、そして斬新かつモダンなユーザーインターフェースで操作性を高めて再設計されたクラウドネイティブ(完全にクラウドベース)な管理コンソールを発売いたします。

「分散ネットワークのデバイスとユーザー、リモートの従業員、モバイルの従業員は、すでに限られたリソースと予算しかないIT部門に殺到しているため、即時に極めて重要な防御が必要になる露出点が急増しています」と、SonicWallの上級副社長兼最高執行責任者アツール・ダーブラニア (Atul Dhablania)は述べています。

当社のBoundless Cybersecurityプラットフォームの基盤ともいえる、新しいSonicWall TZ570およびTZ670次世代ファイアウォールは、SDブランチ展開でSonicWall Switchやその他のネットワークデバイスとの接続にマルチギガビット (5/10G) インタフェースを備えた初めてのデスクトップ型ファイアウォールとなります。

新たなTZファイアウォールシリーズに加わるSonicOS 7.0は、最新のユーザーインターフェイス、インテリジェントデバイスビュー、高度なセキュリティコントロール、重要なネットワークおよび管理機能により、今までにない優れたセキュリティ機能を提供します。SDブランチ対応機能により、拠点または分散した場所への接続性とセキュリティを数分以内に導入し、1つの画面から統合された可視性と脅威に対する検知を実現します。

クラウドネイティブ管理による業務の合理化
新しいアプライアンスは、新たなクラウドネイティブのNetwork Security Manager (NSM) 2.0を介して管理することが可能であり、合理的に管理、分析、レポート作成など行える単一型の使いやすいクラウドインターフェース、ならびに革新的な新型ユーザーインターフェイスとユーザーエクスペリエンスを提供します。

「SonicWallは単なる製品のみならず、一種のコミュニティの役割を果たします」と語るのは、Leaf Cloud Serviceのエンジニアであるジャスティン・アーチャー (Justin Archer) 氏です。「各種のセキュリティ製品が首尾よく機能しており、その背後にはきわめて頼りがいのあるサポートチームが控えており、問題が生じれば速やかにカバーしてくれるのです。OSのイメージを一新したことにより、インターフェースの速度はパワフルなコンピュータで動作しているように感じられます。それはスムーズかつスマートであり、ファイアウォールの動作をより緻密に分析することが可能となりました。ほぼ同じインターフェースを備える新しいNSMと組み合わせることで、最高のGUIマッチングが実現します」

3倍の脅威保護で「常にセキュリティ」環境を実現
新規のTZシリーズのアプライアンスは、ギガビットのインターネットパフォーマンスを手ごろな価格で提供し、企業や組織がネットワークパフォーマンスに影響を及ぼすことなく最先端のサイバー攻撃を阻止できるようにします。

「この度の新規シリーズにより、あらゆる規模にある企業や組織にとって多層保護はより導入しやすいものとなります」とSonicWallのプロダクト担当副社長であるジャヤント・タクレ (Jayant Thakre) は述べています。「製品の導入は簡単であり、脅威に対する保護機能が強化されており、パフォーマンスはこれまでになく高速です。しかもすべて5G対応となりました」

新発売のTZ570およびTZ670ファイアウォールでは、すべてのセキュリティサービスがオンになっている場合にも、最大2.5 Gbpsの脅威防止速度が得られます。最大150万台のデバイスまたはユーザーとの間を接続し、セキュリティを保持します。これはアプライアンス1台あたりの最大接続数は900%の増強になります。SSL/TLS接続の場合には、TZ570およびTZ670ファイアウォールは、DPIを有効にして最大3万件もの同時接続を保護します。

新発売TZファイアウォールでは、すでにゼロタッチ機能が有効化されており、新たなSonicWall SonicExpressモバイルアプリから簡単に同ファイヤーウォールを導入、管理することができます。これにより、シンプルな1-2-3プロセス (登録、接続、管理の3過程) により、TZファイアウォールを数分以内に簡単に導入できます。

新規TZシリーズは、TLS 1.3規格で暗号化されたトラフィック全体の高速脅威保護にも対応しています。

新しいTZ570およびTZ670ファイアウォールに関する詳細は、次をご覧ください。sonicwall.com/ja-jp/products/firewalls/entry-level/

SonicWallについて
SonicWallは、Boundless Cybersecurityを提供することにより、誰もがリモート/モバイルで危険にさらされながら仕事をするという超分散化時代のビジネスの現実に対処します。SonicWallはシームレスな防御を提供し、非常に巧妙なサイバー攻撃を阻止します。これによって、無限に存在する脆弱性ポイントすべてを保護し、リモート勤務やモバイル化、クラウド利用を活発に進める人員を守り、ひいてはビジネスのニューノーマルに対応すべくモバイル化を進める組織のセキュリティを確保します。未知の領域を探求し、リアルタイムの可視性を提供しながら経済の大躍進を実現しているSonicWallは、サイバーセキュリティ業務上の課題を解決して世界中の企業や政府、SMBをサポートします。詳細については、www.sonicwall.comをご覧いただくか、TwitterLinkedInFacebookInstagramで当社をフォローしてください。