en-JP
検索-アイコン

暗号化された脅威

暗号化されたトラフィックを視覚的にとらえて、見えない脅威を阻止

Hero

暗号化されたトラフィックを視覚的にとらえて、見えない脅威を阻止

今日、暗号化されたインバウンドとアウトバウンドのネットワークトラフィックが企業におけるWeb接続の約3分の2を占めることから、悪意を持って暗号化を使用する人たちが急増しています。トランスポートレイヤーセキュリティ(TLS)、セキュアソケットレイヤー(SSL)、ならびにセキュアシェル(SSH)などの暗号化プロトコルが、サーバー攻撃であることを隠すために使用されています。狡猾な犯罪者は、検出を回避しつつ、巧妙に脆弱性を悪用したり、マルウェアをダウンロードさせたり、コマンド&コントロール通信を乗っ取ったり、暗号化されたトラフィック内のデータを盗むことができます。

暗号化されたトラフィック内への攻撃が増加していることを受けて、企業では、暗号化されたトラフィックを解読して検査できるセキュリティモデルを確立することが不可欠となっています。こうしたモデルを確立することは、見えない脅威の危険を制圧するのに役立ちます。対策をとらなければ、企業はセキュリティシステムが提供する有用性の大部分を捨てていることになります。

SonicWallが提供するTLS、SSL、およびSSHのディープパケットインスペクションによって、ネットワークを暗号化された脅威から守ります。これらのアドオンセキュリティサービスは、すべてのSonicWall次世代ファイアウォール(NGFW)および統合脅威管理(UTM)ファイアウォールでご利用いただけます。DPI-SSLは暗号化された脅威に対して強力な保護能力を発揮し、スケーラブルなSSL解読と検査性能を無制限に提供します。フルスタックのストリーミング検査テクノロジーを採用した、SonicWallの特許取得済みReassembly-Free Deep Packet Inspection(RFDPI)エンジンで、暗号プロトコルを幅広くスキャンします。これらのプロトコルには、HTTPS、SMTPS、NNTPS、LDAPS、FTPS、Telnets、IMAPS、IRCS、POPSがあります。高トラフィックまたは高度に制御された展開の場合、DPI-SSLは信頼性の高いソースを除外してネットワークパフォーマンスを最適化し、プライバシーや法的要件に準拠します。

暗号化された脅威の詳細はこちら
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software