en-JP
検索-アイコン

ネットワークセキュリティ サービス プラットフォーム(NSsp)ハイエンド ファイアウォール シリーズ

クラウド インテリジェンスのパワーを活用するスケーラブルで最先端のセキュリティを実現します。SonicWALLのネットワーク セキュリティ サービス プラットフォーム(NSsp)ハイエンド ファイアウォール シリーズは、信頼性の高い高性能プラットフォームでアプライアンスベースの保護とクラウド インテリジェンスを組み合わせることにより、脅威の検出と防止に最新のアプローチを採用しています。大規模な分散型エンタープライズ、データセンター、サービスプロバイダー向けに設計されたNSspハイエンドシリーズは、パフォーマンスを低下させることなく、高度な脅威から実証済みのスケーラブルな保護を実現する革新的なセキュリティ技術を統合します。
ハイエンド製品イメージ

クラウド インテリジェンスのパワーを活用するエンタープライズ セキュリティ

クラウド インテリジェンスのパワーを活用するスケーラブルで最先端のセキュリティを実現します。SonicWALLのネットワーク セキュリティ サービス プラットフォーム(NSsp)ハイエンド ファイアウォール シリーズは、信頼性の高い高性能プラットフォームでアプライアンスベースの保護とクラウド インテリジェンスを組み合わせることにより、脅威の検出と防止に最新のアプローチを採用しています。大規模な分散型エンタープライズ、データセンター、サービスプロバイダー向けに設計されたNSspハイエンドシリーズは、パフォーマンスを低下させることなく、高度な脅威から実証済みのスケーラブルな保護を実現する革新的なセキュリティ技術を統合します。

凡例: S — 標準,  O — オプション,  N — 該当なし

_productName NSsp 12400 NSsp 12800
ディープパケットインスペクション ファイアウォール TotalSecure Advancedファイアウォールの概要 S S
ステートフルパケットインスペクション ファイアウォール TotalSecure Advancedファイアウォールの概要 S S
ファイルサイズに制限のない保護 TotalSecure Advancedファイアウォールの概要 S S
プロトコルスキャン TotalSecure Advancedファイアウォールの概要 S S
アプリケーションインテリジェンスおよび制御 脅威防御サービスが利用可能 S S
侵入防止サービス 脅威防御サービスが利用可能 S S
ゲートウェイ ウイルス対策およびスパイウェア対策 脅威防御サービスが利用可能 S S
コンテンツおよびURLのフィルタリング(CFS) 脅威防御サービスが利用可能 S S
SSL検査(DPI SSL) 脅威防御サービスが利用可能 S S
Capture Advance Threat Protection 脅威防御サービスが利用可能 S S
コンテンツフィルタリングクライアント(CFC)1sup> 脅威防御サービスが利用可能 O O
Enforced Client Anti-Virus and Anti-Spyware1sup> 脅威防御サービスが利用可能 O O
8 x 5のサポート(※機器によっては 24 x 7のサポート) 脅威防御サービスが利用可能 S S
インターフェイス ファイアウォール一般 4 x 40-GbE QSFP+, 16 x 10-GbE SFP+, 1 GbEマネジメント, 1コンソール 4 x 40-GbE QSFP+, 16 x 10-GbE SFP+, 1 GbEマネジメント, 1コンソール
管理 ファイアウォール一般 CLI, SSH, Web UI, Capture Security Center, GMS CLI, SSH, Web UI, Capture Security Center, GMS
サポートされるノード ファイアウォール一般 制約なし 制約なし
サイト間のVPNトンネル ファイアウォール一般 25,000 25,000
IPSec VPNクライアント数(最大) ファイアウォール一般 2,000(10,000) 2,000(10,000)
SSL VPN NetExtenderクライアント(最大) ファイアウォール一般 2(3,000) 2(3,000)
VLANインターフェイス ファイアウォール一般 512 512
ワイヤレスコントローラ ファイアウォール一般 S S
ファイアウォール検査スループット2sup> ファイアウォール/VPNパフォーマンス 58.4 Gbps 120.3 Gbps
Threat Prevention Throughput3sup> (Max Security) ファイアウォール/VPNパフォーマンス 20.0 Gbps 38.7 Gbps
Threat Prevention Throughput3,5sup> (Performance Optimized) ファイアウォール/VPNパフォーマンス 33.5 Gbps 67.5 Gbps
アプリケーション検査スループット3sup> ファイアウォール/VPNパフォーマンス 45.5 Gbps 91.0 Gbps
IPSスループット3sup> ファイアウォール/VPNパフォーマンス 36.8 Gbps 73.0 Gbps
スパイウェア対策検査スループット3sup> ファイアウォール/VPNパフォーマンス 20.0 Gbps 40.8 Gbps
IMIXスループット ファイアウォール/VPNパフォーマンス 14.8 Gbps 29.0 Gbps
SSL DPIスループット3sup> ファイアウォール/VPNパフォーマンス 7.1 Gbps 15.7 Gbps
VPNスループット4sup> ファイアウォール/VPNパフォーマンス 24.5 Gbps 47.0 Gbps
最大接続数(SPI) ファイアウォール/VPNパフォーマンス 16,000,000 32,000,000
最大接続数(DPI) ファイアウォール/VPNパフォーマンス 6,000,000 12,000,000
最大接続数(DPI SSL) ファイアウォール/VPNパフォーマンス 100,000 200,000
新しい接続数/ ファイアウォール/VPNパフォーマンス 430,000/sec 860,000/sec
ロギング 機能 Analyzer, ローカルログ, Syslog Analyzer, ローカルログ, Syslog
ネットワークトラフィックの可視化 機能 S S
NetFlow/IPFIXレポート 機能 S S
SNMP 機能 S S
認証 機能 LDAP, XAUTH/RADIUS, SSO, Novell, 内部ユーザーデータベース, ターミナルサービス, Citrix, CAC(Common Access Card) LDAP, XAUTH/RADIUS, SSO, Novell, 内部ユーザーデータベース, ターミナルサービス, Citrix, CAC(Common Access Card)
ダイナミックルーティング 機能 BGP, OSPF, RIP BGP, OSPF, RIP
シングルサインオン(SSO) 機能 S S
Voice over IP(VoIP)セキュリティ 機能 S S
PortShieldセキュリティ 機能 S S
ポートアグリゲーション 機能 S S
リンク冗長性 機能 S S
ポリシーベースルーティング 機能 S S
ルートベースVPN 機能 S S
動的帯域幅管理 機能 S S
ステートフル高可用性 機能 S S
マルチWAN 機能 S S
負荷分散 機能 S S
オブジェクトベース管理 機能 S S
ポリシーベースNAT 機能 S S
IKEv2 VPN 機能 S S
TLS/SL/SSHの復号化と検査 機能 S S
SSL制御 機能 S S
VPNの自動プロビジョニング 機能 S S
生体認証 機能 S S
DNSプロキシー 機能 S S
ハードウェアフェイルオーバー 機能 ステート同期ありのアクティブ/パッシブ, ステート同期ありのアクティブ/アクティブDPI, アクティブ/アクティブクラスタリング ステート同期ありのアクティブ/パッシブ, ステート同期ありのアクティブ/アクティブDPI, アクティブ/アクティブクラスタリング
  1. サービスは別売です。
  2. テスト手法:最大パフォーマンスはRFC 2544(ファイアウォール)に基づいています。実際のパフォーマンスはネットワークの状態と使用するサービスによって異なります。
  3. フルDPI/ゲートウェイAV/スパイウェア対策/IPSのスループットは、業界標準のSpirent WebAvalanche HTTP パフォーマンステストおよびIxiaテストツールを使用して測定しています。テスティングは複数のポートペアに対する複数フローを用いて行いました。Threat Prevention throughput measured with Gateway AV, Anti-Spyware, IPS and Application Control enabled.
  4. VPNスループットは、RFC 2544準拠のパケットサイズ1280バイトのUDPトラフィックを用いて測定しました。
  5. Performance optimized mode can provide significant increases in performance without major impact to threat prevention efficacy.
概要を閉じる
エンタープライズ セキュリティへの一番の早道イメージ

エンタープライズ セキュリティへの一番の早道

エンタープライズネットワーク、データセンター、サービスプロバイダーの要求を満たすように設計されたNSsp 12000シリーズは、可能な限り高速で動作する実証済みの脅威防御を提供します。

  • 特許出願中のReal-Time Deep Memory Inspection(RTDMITM)技術
  • 特許取得済みのReassembly-Free Deep Packet Inspection(RFDPI®)技術
  • マルチエンジン サンドボックス機能を搭載したクラウドベースおよびオンボックスの脅威防御
  • 40ギガビットおよび10ギガビット イーサネット ポート
  • リアルタイムTLS/SSL復号化と検査

SonicWall NSsp High End Firewalls Series Video Data Sheet

The SonicWall NSsp series uses massively-scalable hardware architecture plus cloud-based and on-box DPI to deliver high-speed threat prevention in real time over thousands of encrypted and unencrypted connections.

SUPERMASSIVE 9200/9400/9600/9800イメージ

SUPERMASSIVE 9200/9400/9600/9800

最先端の脅威検査テクノロジーとハードウェア処理能力で設計されたSonicWall SuperMassiveハイエンドファイアウォールは、今日の最大規模で、非常に複雑かつ要求の高いセキュリティ使用事例をサポートしています。サンドボックス、SSL検査、侵入防止、マルウェア対策、アプリケーション識別、コンテンツフィルタリングなどの包括的なセキュリティサービスを組み合わせることで、SuperMassiveは、大規模な分散エンタープライズおよびデータセンターを保護するための理想的な次世代ハイエンドファイアウォールを提供します。

高度な脅威を阻止するためにネットワークをセグメント化イメージ

高度な脅威を阻止するためにネットワークをセグメント化

現代の脅威は、ネットワークのすべての領域を巧みに利用して侵入します。高度な攻撃を阻止するには、ネットワークをセキュリティセグメントに分割し、脅威の拡散を封じ込めて緩和する必要があります。ただし、論理的なセグメントを定義することは、解決のほんの一部に過ぎません。効果的なセグメンテーションには、それぞれのセグメントの包括的統合を容易な管理と手頃な価格で実行するための、統合された動的なネットワークセキュリティのアプローチが求められます。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software