SonicOS 7 SD-WAN

SD-WAN グループについて

SD-WAN は、物理および仮想 WAN インターフェース種別と、VPN 番号付き/番号なしのトンネル インターフェース インスタンスをサポートしています。必要な選択肢は、SD-WAN グループの作成時にすべて提供されます。

番号付きトンネル インターフェース グループは、より進化したルートベースの実装であり、これまでよりもずっと直感的に操作できます。ただし、インターフェース テーブル内の他の実際のエントリから借用しているため、スケーリングに不向きです。番号なしトンネル インターフェース設定は、インターフェース テーブルのエントリと関連付けられていないため、必要なスケーラビリティの要件を満たすことができます。

SD-WAN グループは、各インターフェース パスを介したパフォーマンス基準に基づいて、ロードバランシングや動的パス選択に使用できるインターフェースの論理グループです。個別グループを独自に作成することもできます。SD-WAN とその機能の説明については、「SD-WAN について」を参照してください。

SD-WAN グループ」ページには、最適化された回復力のあるトラフィック フローに使用されるインターフェースの個別プールが表示されます。

名前SD-WAN グループの名前。
ゾーン

インターフェース メンバーのゾーン:

  • WAN
  • VPN
IP アドレスインターフェースの IP アドレス。
リンク状況

リンクの状態を示します:

  • リンク アップ (緑)
  • リンク ダウン (赤)
優先順位グループ内のインターフェースの優先順位。

Was This Article Helpful?

Help us to improve our support portal

Techdocs Article Helpful form

Techdocs Article NOT Helpful form

  • Still can't find what you're looking for? Try our knowledge base or ask our community for more help.