SonicOS 7 動作オブジェクト

CFS 動作オブジェクトの設定

既定の CFS 動作オブジェクトである CFS Default Action は、SonicOS によって作成されます。この CFS 動作 オブジェクトは、構成および編集は可能ですが、削除することはできません。

CFS 動作オブジェクトを構成するには、以下の手順に従います

  1. オブジェクト > 動作オブジェクト > コンテンツ フィルタの動作」ページに移動します。
  2. ページの上部にある「追加」を選択します。「CFS 動作オブジェクト」ダイアログが表示されます。

  3. 名前」フィールドに CFS 動作 オブジェクトの名前を設定します。
  4. プライバシーを保護するために Cookie を自動的に削除するには、「Cookie の消去」オプションを選択します。このオプションとクライアント DPI-SSL コンテンツ フィルタの両方が有効になっていると、HTTPS サイトの Cookie が削除されます。このオプションは、既定では選択されていません。

    このオプションを有効にすると、一部の検索エンジンのセーフ サーチ強制機能が侵害されることがあります。

  5. AppFlow 監視に URI 情報を送信するには、「フロー報告を有効にする」オプションを選択します。このオプションは、既定では選択されていません。

  6. サイトが遮断されたときにどのページを表示するかを、以下のように構成できます。

    これらのページには、既定のバージョンが作成済みです。既定のページを使用するほかに、必要に応じてそれを変更したり、新しいページを作成したりすることができます。

  7. 帯域幅リソースを CFS 動作オブジェクトの一部として割り当てることができます。「BWM オプション」を参照してください。
  8. 保存」をクリックします。新しい CFS 動作オブジェクトが「CFS 動作オブジェクト」テーブルに追加されます。

Was This Article Helpful?

Help us to improve our support portal

Techdocs Article Helpful form

Techdocs Article NOT Helpful form

  • Still can't find what you're looking for? Try our knowledge base or ask our community for more help.