SonicOS 7 SD-WAN

性能監視について

ネットワーク パスの性能メトリックは、SD-WAN 性能プローブを使用して決定されます。これは、ネットワーク監視プローブと似ています。SonicOS は ICMP および TCP プローブ種別をサポートしています。SD-WAN 性能プローブは、複数のパス選択プロファイルで使用できます (詳細については、パス選択プロファイルについてを参照してください。SD-WAN とその機能の説明については、次を参照してください SD-WAN について。)

ネットワーク | SD-WAN > SLA プローブ」ページには、SD-WAN グループ内の各パス (インターフェース) の動的な性能データ (遅延/ジッタ/パケット損失) とプローブ状況が表とグラフで表示されます。最新 1 分 (既定値)、最新 1 日、最新 1 週、または最新 1 ヶ月のデータを表示することができます。

#プローブの番号。「折りたたみ/展開」アイコンは、グラフの表示を切り替えます。
名前SD-WAN 性能監視の名前。
SD-WAN グループSD-WAN 性能監視に関連付けられている SD-WAN グループの名前。この項目にマウス カーソルを合わせると、SD-WAN グループに関するプロパティが表示されます。
プローブ対象SD-WAN 性能監視のターゲット アドレス オブジェクト。この項目にマウス カーソルを合わせると、ホスト アドレスが表示されます。
プローブ種別

性能監視の種別:

  • Ping - 明確なルート
  • TCP - 明確なルート

「TCP – 明確なルート」を「RST 応答を未応答としてカウントする」フィールドとともに選択すると、「ポート」フィールドも使用可能になります。

ポート

SD-WAN 性能プローブのポート。指定できる値は、1 (最小) ~65535 (最大) です。

ポートは、プローブ種別として「TCP – 明確なルート」を選択した場合にのみ表示されます。プローブ種別が「Ping – 明確なルート」の場合は、ハイフン (–) が表示されます。

間隔 (秒)SD-WAN 性能プローブの間の時間間隔 (秒単位)。
遅延 (ミリ秒)特定のパス/インターフェースを介して送信されたプローブが、プローブ対象に到達して確認応答が返されるまでの往復の時間 (ミリ秒単位)。これは、「性能監視」テーブルの監視項目の下にグラフで表示されます。
ジッタ (ミリ秒)特定のパス/インターフェースを介したプローブに関する待ち時間測定値の変動 (ミリ秒単位)。これは、「性能監視」テーブルの監視項目の下にグラフで表示されます。
パケット損失 (%)特定のパス/インターフェースを介して送信されたプローブに対する欠落したプローブの割合。これは、「性能監視」テーブルの監視項目の下にグラフで表示されます。
追加情報このアイコンにマウス カーソルを合わせると、以下のデータが表示されます。応答タイムアウト成功しきい値失敗しきい値、および RST 失敗
コメント

性能プローブの設定時に入力したコメントが表示されます。

Was This Article Helpful?

Help us to improve our support portal

Techdocs Article Helpful form

Techdocs Article NOT Helpful form

  • Still can't find what you're looking for? Try our knowledge base or ask our community for more help.