SonicOS/X 7 キャプチャ ATP

基本セットアップ確認リスト

基本セットアップ確認リスト:

  • キャプチャ ATPおよび関連コンポーネント、ゲートウェイ アンチウイルスおよびクラウド ゲートウェイ アンチウイルスの状況を表示します。
  • エラーが発生していれば、その状態が表示されます。
  • キャプチャ ATP サービスを有効または無効に設定できます。
  • GAVクラウド ゲートウェイ アンチウイルス、およびプロトコル検査を設定できる「ポリシー | セキュリティ サービス > ゲートウェイ アンチウイルス」ページへのリンクがあります。
  • プロトコル検査の設定と、受信方向と送信方向のどちらが有効化されているかが表形式で表示されます。

このセクションで表示されるメッセージについては、キャプチャ ATP 状況 から プロトコル検査設定 までの表を参照してください。緑色のチェックマークは有効を意味し、赤い X マークは無効を意味します。

キャプチャ ATP 状況
アイコンメッセージリンク動作
有効キャプチャ ATP サービスは、更新日 まで有効です。無効にするこのリンクをクリックするとキャプチャ ATP がオフに切り替わり、サービスが無効モードになります。この変更を適用するために「適用」をクリックする必要はありません。
無効キャプチャ ATP の購読は 更新日 まで有効ですが、サービスは現在有効ではありません。有効にする このリンクをクリックすると、キャプチャ ATP がオンに切り替わり、サービスが有効モードになります。この変更を適用するために「適用」をクリックする必要はありません。
無効キャプチャ ATP の購読は、更新日 に期限切れで終了しました。更新する このリンクをクリックすると、MySonicWall に移動してサービスを更新できます。
ゲートウェイ アンチウイルス 状況
アイコンメッセージリンク動作
有効ゲートウェイ アンチウイルス は有効です。設定の管理このリンクを選択すると、「ポリシー | セキュリティ サービス > ゲートウェイ アンチウイルス」ページが表示されます。
無効キャプチャ ATP が機能するにはゲートウェイ アンチウイルスを有効にしなければなりません。設定の管理このリンクを選択すると、「ポリシー | セキュリティ サービス > ゲートウェイ アンチウイルス」ページが表示されます。
クラウド ゲートウェイ アンチウイルス データベースの状況
アイコンメッセージリンク動作
有効クラウド ゲートウェイ アンチウイルス データベースは有効です。設定の管理このリンクを選択すると、「ポリシー | セキュリティ サービス > ゲートウェイ アンチウイルス」ページが表示されます。
無効キャプチャ ATP が機能するにはクラウド ゲートウェイ アンチウイルス データベースを有効にしなければなりません。設定の管理このリンクを選択すると、「ポリシー | セキュリティ サービス > ゲートウェイ アンチウイルス」ページが表示されます。

検査されるプロトコル」の表には、「ポリシー | セキュリティ サービス > ゲートウェイ アンチウイルス」ページに移動できる「設定の管理」リンクも提供されています。ここでは、HTTP、FTP、IMAP、SMTP、POP、CIFS、TCP ストリームなどのネットワーク トラフィック プロトコルを指定して、検査を有効または無効に設定できます。各プロトコルは、受信トラフィックまたは送信トラフィックを区別して管理できます。

検査されるプロトコル」の下の表には、各プロトコルの現在の検査設定が方向別に示されます (以下を参照)。プロトコル検査設定.

プロトコル検査設定
アイコンメッセージ
有効プロトコルは検査されます。
無効プロトコルは検査されません。
該当なし 検査がこのプロトコルのこの方向には適用が不可能であることを意味します。

Was This Article Helpful?

Help us to improve our support portal

Techdocs Article Helpful form

Techdocs Article NOT Helpful form

  • Still can't find what you're looking for? Try our knowledge base or ask our community for more help.