SonicOS/X 7 キャプチャ ATP

帯域幅管理

帯域幅管理」セクションでは、キャプチャ ATP に送信できるファイルのタイプを選択し、送信できるファイルの最大サイズを指定することができます。また、検査から除外するアドレス オブジェクトも指定できます。

既定では、「実行ファイル (PE、Mach-O、および DMG)」ファイル タイプのみが有効です。

最大ファイル サイズの既定のオプションは、「キャプチャ サービスによって指定される既定のファイル サイズを使用する (10240 KB)」です。このオプションを選択すると、ファイル サイズは 10 MB に制限されます。

キロバイトに制限する」を選択すると、個別の値を入力できます。この値は、0 ではなく、なおかつ既定の制限値より大きくない数値でなければなりません。

Was This Article Helpful?

Help us to improve our support portal

Techdocs Article Helpful form

Techdocs Article NOT Helpful form

  • Still can't find what you're looking for? Try our knowledge base or ask our community for more help.