SonicOS 7 動作オブジェクト

CFS 動作オブジェクト テーブルについて

名前CFS 動作オブジェクトの名前。既定の名前は "CFS Default Action" です。既定のオブジェクトは編集可能ですが、削除はできません。
遮断「遮断」ページが「構成済み」であるかどうかを示します。
パスワード「パスフレーズ」ページが「構成済み」であるかどうかを示します。
確認「確認」ページが「構成済み」であるかどうかを示します。
帯域幅管理「帯域幅管理」ページが「構成済み」であるかどうかを示します。
コメント CFS 動作オブジェクトの作成中に追加されたコメントを含みます。
UUIDコンテンツ フィルタ オブジェクトおよびグループの自動生成 UUID (Universally Unique Identifier) を含みます。

Was This Article Helpful?

Help us to improve our support portal

Techdocs Article Helpful form

Techdocs Article NOT Helpful form

  • Still can't find what you're looking for? Try our knowledge base or ask our community for more help.