SonicOS 7 動作オブジェクト

ユーザ定義の動作オブジェクトのタイプについて

ユーザ定義の動作オブジェクトを作成するために使用できる動作タイプは、「動作オブジェクトの設定」ダイアログに表示されます。このダイアログは「オブジェクト > 動作オブジェクト > アプリ ルール動作」ページ上部の「追加」をクリックすると表示されます。

動作種別の説明については、下の表を参照してください。

ユーザ定義動作オブジェクトは、「動作オブジェクトの設定」ダイアログで作成できます。既定の定義済み動作オブジェクトは、編集または削除できません。ポリシーを作成する場合、「動作オブジェクトの設定」ダイアログでは、あらかじめ定義されている動作や定義したカスタマイズ済み動作を選択できます。

ユーザ定義の動作オブジェクトの動作タイプ
動作種別説明
SMTP 電子メールを遮断 - エラー応答の送信SMTP 電子メールを遮断し、カスタマイズされたエラー メッセージを送信者に通知します。
電子メール添付ファイルを無効化 - テキストの追加電子メールの添付ファイルを無効にし、カスタマイズされたテキストを追加します。
電子メール - テキストの追加電子メールの末尾に個別テキストを追加します。
FTP 通知の応答接続を終了せずに FTP 制御チャンネルを介してクライアントにテキストを返します。
HTTP 遮断ページ個別 HTTP 遮断ページを設定できます。 色も選択できます。
HTTP リダイレクトHTTP リダイレクト機能を提供します。例えば、Google ウェブ サイトにユーザをリダイレクトする場合は、カスタマイズ可能な部分を http://www.google.com のように設定します。フォームが開いているブラウザにアプリケーション制御から HTTP リダイレクトが送信されると、フォーム内の情報は失われます。
帯域幅管理アクセス ルール BWM ポリシー定義と同じセマンティクスを持つ帯域幅管理制限を定義できます。

優先順位 0 の設定は、最高優先順位です。すべての帯域幅管理レベルに対する保証帯域幅の合計は、100% を超えることはできません。

Was This Article Helpful?

Help us to improve our support portal

Techdocs Article Helpful form

Techdocs Article NOT Helpful form

  • Still can't find what you're looking for? Try our knowledge base or ask our community for more help.