en-JP
検索-アイコン

国家安全保障と危険防止のためのサイバー防衛

運用の確実性とプログラムの成功のため、政府認定のセキュリティを展開します。

国々に対するサイバー攻撃が世界中で規模と頻度を増す中、各国政府機関はあらゆる場所でサイバー防衛を強化する必要があります。各国のセキュリティと安全性への影響を考えると、適切な一連のセキュリティツールと機能を使用することが、これを達成する中枢となります。

SonicWallは政府機関のためにセキュリティソリューションを促進して強化し、要件および手順を保護するサイバーセキュリティを達成するよう、継続的な研究とイノベーションに熱心に取り組んでいます。当社の連邦政府認定技術は、諜報機関同様に軍隊組織での使用および展開に向けた、SonicWallネットワークセキュリティソリューションとサービスを最適化します。

認定されたセキュリティソリューション

Global Map

SonicWallのネットワークセキュリティ製品は、次のような政府認定および相互運用性の要件を満たすか上回っています。

  • 連邦情報処理標準公告(Federal Information Processing Standard Publication)140-2(FIPS 140-2)
  • 情報技術セキュリティ評価のためのコモンクライテリア(Common Criteria for Information Technology Security Evaluation、CC)
  • スイートB暗号アルゴリズム(Suite B Cryptography Algorithms)
  • 機密データ向け商用ソリューション活用プログラム(Commercial Solutions for Classified、CSfC)
  • USGv6
  • 統合機能認証製品リスト(Unified Capabilities Approved Products List、UC APL)

広範なサイバーセキュリティ使用例をサポート

Hallway of cyber security

SonicWallのネットワークセキュリティソリューションを使うことで、政府機関は広範なサイバーミッション使用例を満足させる、サイバー防衛ツールと機能一式を入手できます。これらの機能には、リアルタイムの脅威分析、セキュリティポリシー、アプリケーションおよびIPアドレスの制御、セキュリティイベントへの応答、不法なアクセス、マルウェアダウンロード、コマンドおよび制御通信のブロック、データ窃盗の防止、その他があります。

SonicWallネットワークの詳細

セキュリティガバナンス、コンプライアンス、およびリスク管理

Man interacting with computer
当社のGlobal Management System(GMS®)は、セキュリティ要件とサービスレベルによって、ネットワークセキュリティ環境全体を管理するための、統合された体系的アプローチを提供します。何千ものSonicWallセキュリティデバイスを、設置場所に関わらずその管理下に集めるため、各機関はそれぞれのネットワークの正常性、性能、およびセキュリティを完全に制御できます。これによって、サイバー監視が素早く作動し、コラボレーション通信および知識を、恐れることなく利用できます。管理とレポートの詳細

各機関のネットワークにわたる安全なコラボレーション

group of people talking

各機関および現地事務所間の通信、生産性、ビジネス継続性を向上させます。ワイヤレスネットワークを有線ネットワークのように安全なものにします。モビリティおよび私物端末の業務利用(BYOD)をサポートし、遠隔地のワークフォースに自由裁量権を与え、同時に悪意のあるEメールやWebサイトからの脅威をブロックします。

SonicWallワイヤレスネットワーク セキュリティソリューションの詳細 SonicWall WANアクセラレーションの詳細

認証済み適合アプライアンスを使用したリモートアクセスサービスの実現

Woman on cell phone
SonicWall SMAは、FIPS 140-2認定済みで改ざん対策付きの堅牢なアプライアンスです。SonicWall SMAはスイートB暗号化を含む高度な暗号化をサポートし、ICSA SSL-TLSの認証も受けているため、最高のセキュリティを実現します。ワークフォース自由裁量権を与え、認証されていないエンドポイントまたはモバイルアプリケーションからのアクセスはブロックします。SonicWallリモートアクセスの詳細

スケーラブルなエンタープライズEメールセキュリティ

Typing
SonicWall製品のCapture Advanced Threat Protectionサービスで、次世代のEメールセキュリティを展開できます。ファイアウォール上で使用できるマルチエンジンサンドボックスを介して、リアルタイムの侵害防止と同じメリットが得られます。ランサムウェアやスピアフィッシングのような、高度なEメール脅威および標的型攻撃を排除します。メールボックスを10個から100,000個へ簡単にコスト効率良く拡張できます。ハードウェアアプライアンス、仮想アプライアンスまたはソフトウェアとして展開します。その他、手頃な価格で予測可能なサブスクリプションには、当社のホスト型サービスでクラウドからのEメールを守ります。SonicWall Eメールセキュリティの詳細 CaptureによるEメールセキュリティの詳細
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software