en-JP
検索-アイコン

リモートアクセス管理とレポート

SonicWall Central Management Server(CMS)*は、展開しているすべてのセキュアモバイルアクセス(SMA)アプライアンスの管理とレポートを行うWebベースのプラットフォームです。CMSは、高度な回復性を確保し、グローバルな展開の際に必要な複数のSMAアプライアンスの管理を簡略化して、総運用コストを削減します。CMSは、Amazon Web Services(AWS)でライセンス持ち込み(BYOL)を使用して、プライベート クラウドやパブリック クラウドに導入できます。
*CMSはSMA OS 11.4以降が動作するアプライアンスを管理します。
リモートアクセス管理とレポート製品イメージ

強力なWebベースのリモートアクセス管理プラットフォームによってアプライアンスの管理が効率化され、広範なレポート機能を利用できます。

SonicWall Central Management Server(CMS)*は、展開しているすべてのセキュアモバイルアクセス(SMA)アプライアンスの管理とレポートを行うWebベースのプラットフォームです。CMSは、高度な回復性を確保し、グローバルな展開の際に必要な複数のSMAアプライアンスの管理を簡略化して、総運用コストを削減します。CMSは、Amazon Web Services(AWS)でライセンス持ち込み(BYOL)を使用して、プライベート クラウドやパブリック クラウドに導入できます。
*CMSはSMA OS 11.4以降が動作するアプライアンスを管理します。

ポリシーおよびユーザー ライセンス管理の簡略化イメージ

ポリシーおよびユーザー ライセンス管理の簡略化

  • ダッシュボードをカスタマイズしてリアルタイムのイベントとその履歴を監視
  • すべての物理または仮想アプライアンスのSSL証明書を管理
  • 要求に応じてアプライアンス全体で自動的にユーザーライセンスを割り当て
  • グローバルHA(高可用性)クラスターを構成することにより、まったく影響を与えないフェイルオーバーを実現
  • コンプライアンスを維持しながら、エラーのない展開、メンテナンスおよびアップグレードを実行
  • システム全体のレポートとグラフを作成し、CSVまたはMS Excelにエクスポート
動的にプールされたライセンスイメージ

動的にプールされたライセンス

ユーザーライセンスを個々のSMAアプライアンスに適用する必要がなくなります。プールされたライセンスは、管理対象のアプライアンス間で動的に分散され、再割り当てされます。アプライアンスが世界各地に分散している場合、時差があり、業務形態が24時間体制になるため、ユーザーライセンスの需要が流動的になり、メリットが生まれます。

リアルタイムのグローバルな負荷分散イメージ

リアルタイムのグローバルな負荷分散

特許出願中のGlobal Traffic Optimizer(GTO)機能は、ユーザーにまったく影響を与えないグローバルトラフィック負荷分散を可能にします。トラフィックは、最適化された、最も実行速度の速いデータセンターにルーティングされます。

真の高可用性の実現イメージ

真の高可用性の実現

データセンターでパッシブ状態になっているHAペアの購入や維持には投資しないでください。ユニバーサル セッションが永続するため、グローバルに分散されたアプライアンスは、アクティブ/アクティブまたはアクティブ/スタンバイ モードのいずれかで同期が維持され、まったく影響を与えないフェイルオーバーと最小限のサービス中断が実現します。

SONARモニタリングによって実用的な知見を得るイメージ

SONARモニタリングによって実用的な知見を得る

SonicWall SONARは、直感的に理解できるダッシュボードを備え、モニタリングをカスタマイズできます。IT管理者は、アクセスに関する問題をすばやく簡単に診断し、貴重な知見を得てトラブルシューティングに活かすことができます。

メンテナンス、アップグレード、展開の自動化イメージ

メンテナンス、アップグレード、展開の自動化

組み込みスケジューラーによって、ユーザーの介入なしにポリシーの展開、機器設定の複製、サービスの再開などのメンテナンスタスクをスケジュールできます。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software